普通の人ができる「自宅サロン開業」通信講座

敏感肌はノーメイクがいい?それとも、メイクする方がいい?

メイクに関してご質問いただきました。



私の友人(39歳)はファンデーションが嫌いでほぼ毎日ノーメイクです。
お肌のためには化粧をするのとしないのと、どちらがいいんでしょうか?
メリット、デメリットをおしえていただけると嬉しいです。


ご質問ありがとうございます。

結論から言いますと「ファンデーション」は塗った方がいいです。

ファンデーションは、肌に負担になるのでつけない方がいいとおっしゃる方もいますが、私はお客様の肌を見ている経験上、またお客様の声を聞いてつける方が肌にいいと思います。

ただし条件があって、いいファンデーションを使って、きちんとクレンジングすることです。

ではメリット、デメリットについて、長くなるので順番にご説明していきますね。


■ファンデーションを塗るメリット(肌にいいポイント)

ファンデーションをつけていると、肌に悪いものが直接肌につかないこと が、よい点です。

現代の空気は汚れていて肌によくないですし、花粉の季節、黄砂(こうさ)の季節は特に、肌にこれらがくっつくと「かゆみ」「肌荒れ」「赤み」の原因につながりやすく敏感肌の方はこのお悩みが、よく肌にでます。

これがファンデーションを塗ることで、肌に直接つきにくくなり、緩和されます。

また、しっかり保湿するとべたつきがちで、肌に色んなものがペタペタと付いてしまう状態になりがちですが、ファンデーションをつることで、肌表面をサラサラにして、つきにくくします。

また、紫外線から肌を守る力がアップします。人の手によって紫外線剤を塗ると、どうしても塗りムラができるので、それをカバーするのです。


■デメリット(肌によくないポイント)

きちんとしたものを使わないと、毛穴がふさがってニキビの原因を作ることです。また、メイクの落とし忘れをすると、肌荒れなどの原因になります。

毛穴がふさがってしまうファンデーションは、たいてい「石油系の界面活性剤・香料」が入っています。

そういうものは毛穴を埋めてしまって、うまく脂が出てこれなくなるので、ニキビの原因になります。

また、油やけをおこしてシミの原因にもなります。特に、肌の弱い方はファンデーションの石油系色素、界面活性剤に負けたりすることがあります。

毛穴をふさがない、いいファンデーションを使って、きちんとクレンジングすることが肌には一番いいです(^-^)





●無料メールセミナー
 ■『リピーター増!愛されサロンインテリア7つの秘訣』

●一覧
 ■自宅サロン「開業」までの流れ一覧
 ■季節・月別 肌トラブル・ケア
 ■美容用語 解説集 
 ■特集

サロン経験ある建築士が「愛されサロン」作ります
『自宅サロン開業・集客サポート』
アトリエKULA-おうちdeサロン- 
お申込み・お問合せインテリア・サポート出張エステスクール
無料メールセミナーお客様の声プロフィール


Copyright(c) 2012 アトリエKULA All Rights Reserved.