普通の人ができる「自宅サロン開業」通信講座

乾燥した肌に与える、「基礎化粧品」のお手入れ順序・方法

ゴワゴワ乾燥肌は、古い角質を落とすと同時に、潤いを与えないと、乾燥改善につながりません。

しっかりお肌に働いてもらうためには「化粧水」で水分をたっぷり補給します。

その後、水分が逃げないよう角質の“すきま”をふさぐように、「乳液やクリーム」でフタをし、お肌の生まれ変わりを助けます。

そうすることで、乾燥しにくい肌質になってきます。

ところが、ここで問題が・・・。
乾燥しているのに「乳液がなかなか入っていかない」という経験はありませんか?

古い角質がしっかり取りきれていない時は、それが邪魔をして「化粧水、乳液、クリームなど」がお肌に入りにくくなります。

角質を取ることと、保湿を同時にしていくことが、乾燥サイクルを断ち切る方法なので、基礎化粧品が肌の中に入っていくよう、工夫しましょう。

1.お手入れのタイミング

・暖かい場所でお手入れ
・お風呂上りで、体が温まっている時
お手入れは”温かい”が基本。毛穴が開いた状態が、肌に浸透しやすい時です。

2.スペシャル方法
・お風呂で「基礎化粧品パック」

敏感肌も「美肌」になれるエステ★-乾燥改善 パック 基礎化粧品

お風呂上りでも、なかなか浸透しない。という方は”基礎化粧品パック”がおすすめです。

洗顔後、お手持ちの「乳液&クリーム」を肌に多めに塗り、その上にラップをします。そのまま湯船で半身浴。(鼻と口は出してください)

じんわり汗が出てきたら、塗った乳液&クリームを軽くマッサージして入れ込みます。毛穴がしっかり開いているので浸透しますよ。(^-^)





●無料メールセミナー
 ■『リピーター増!愛されサロンインテリア7つの秘訣』

●一覧
 ■自宅サロン「開業」までの流れ一覧
 ■季節・月別 肌トラブル・ケア
 ■美容用語 解説集 
 ■特集

サロン経験ある建築士が「愛されサロン」作ります
『自宅サロン開業・集客サポート』
アトリエKULA-おうちdeサロン- 
お申込み・お問合せインテリア・サポート出張エステスクール
無料メールセミナーお客様の声プロフィール


Copyright(c) 2012 アトリエKULA All Rights Reserved.