普通の人ができる「自宅サロン開業」通信講座

乾燥しない肌作りは、まず「古くなった角質を落とす」こと

角質は古くなってくると”NMF(水分をkeepする天然成分)”が無くなり、水分を保ってくれなくなります。

そうなると、どんなに良い化粧品を使っても「古くなった角質=働かない角質」が水分を吸ってしまい、すぐに蒸発してしまうのです。もったいないですね。

古い角質を取る方法は大きく分けて、4種類あります。

 1.お肌の代謝を高めて、自然の力で落とす
 2.毎日の洗顔で落とす
 3.パックなど、高濃度粧材でとる
 4.薬品でとる

1.お肌の代謝を高めて、自然の力で落とす

これが一番の理想です。お肌の乾燥を防いで、健康な素肌になっていくと自然とできてきます。

方法は多岐にわたりますが、マッサージによる代謝アップ。ビタミンE等の血行を促進する化粧品を使ったり、食べ物・サプリメントでとる。などが挙げられます。

また、次の「洗顔」でも、その能力アップを図れます。

2.毎日の洗顔で落とす

洗顔は、古くなった「汚れた角質(あか)」「毛穴の汚れ」を取る役割があります。
しっかり温まった状態で、皮ふが動かないようにやさしく洗顔します。

毎日、いらなくなった古い角質はちょっとづつ、洗顔で落としていくと「働き者の角質」が上に出てきて、しっかりと水分を保ってくれます。


3.パックなど、高濃度粧材でとる

エステティックサロンなどで、プロにしていただくのがいいかと思います。角質を取りすぎると、敏感肌などのトラブルを引き起こすからです。

敏感肌エステ パック

4.薬品でとる

薬品によるピーリングは、医療行為になるので、病院へ行っての施術となります。
一度にたくさん角質を取るので、自己の肌ケアが重要になります。指導に従って、適切にアフターケアする必要があります。

敏感肌の方は、刺激になることが多いので、避けた方がいいと思います。



ホームケアを丁寧にして、エステサロン・美容系医院を尋ねられると、美肌が持続できますよ。(^-^)





●無料メールセミナー
 ■『リピーター増!愛されサロンインテリア7つの秘訣』

●一覧
 ■自宅サロン「開業」までの流れ一覧
 ■季節・月別 肌トラブル・ケア
 ■美容用語 解説集 
 ■特集

サロン経験ある建築士が「愛されサロン」作ります
『自宅サロン開業・集客サポート』
アトリエKULA-おうちdeサロン- 
お申込み・お問合せインテリア・サポート出張エステスクール
無料メールセミナーお客様の声プロフィール


Copyright(c) 2012 アトリエKULA All Rights Reserved.