普通の人ができる「自宅サロン開業」通信講座

心を開いてくれる、「カウンセリングスペース」の作り方

カウンセリングの際、お客様が緊張されていると、お話がうまく聞き出せません。

初めてのお店、初めてのセラピスト。そこで、向かいあって座ると、お客様は、落ち着きがなくなります。正面に座り、セラピストにまっすぐ見られると、緊張が倍になります。

悪いカウンセリング配置

悪いカウンセリング配置

サロンワークの慣れていない時期は、お客様の緊張が移って、セラピストも固まり悪循環です。

よい技術を提供するには、カウンセリングがとても大切です。

話の中からお悩みの原因となる、生活環境など分かってこそ、満足頂ける技術をご提供できるからです。

良いカウンセリング配置

緊張をほぐしつつ、心を開いていただくには、お客様が自然と、目を外せられる「斜めに横」に座わるよう、イスを配置します。

良いカウンセリング配置

右利きの方「左側が、お客様の方にオープンになるように座る」ようにすると、話しやすくなります。

話しやすい雰囲気は、インテリアから作られます。何でも話せるセラピストは、心も体も癒すことができます。

あのお店に行きたいな。あの人に会いたいな。と思って頂ける、愛されサロンのスタートです!

次記事>> 居心地のよい 自宅サロン配置


●無料メールセミナー
 ■『リピーター増!愛されサロンインテリア7つの秘訣』

●一覧
 ■自宅サロン「開業」までの流れ一覧
 ■季節・月別 肌トラブル・ケア
 ■美容用語 解説集 
 ■特集

サロン経験ある建築士が「愛されサロン」作ります
『自宅サロン開業・集客サポート』
アトリエKULA-おうちdeサロン- 
お申込み・お問合せインテリア・サポート出張エステスクール
無料メールセミナーお客様の声プロフィール

Copyright(c) 2012 アトリエKULA All Rights Reserved.