普通の人ができる「自宅サロン開業」通信講座

【表皮】ってなあに?

お肌は、大きく分けて2層になっています。

敏感肌エステスクール アトリエKULA くら

このうち、上にあるほう、目で見える外側のほうを「表皮(ひょうひ)」といいます。

なんだか、理科っぽい名前ですが、要は「ケガをしても、血が出ない部分」です。

たまに、ちょこっと切っても血が出ていない時がありますね。そのときは、表皮(ひょうひ)部分しか、切っていないのです。

ターンオーバー のスタートは、表皮の一番から、始まるのです。

なので「肌が代謝する」とか、「肌が生まれ変わる」とかで表現される部分は、この表皮部分です。

表皮の一番下からどんどん細胞が生まれ、上に上がって、最後、アカとなって落ちるのです。

肌は薄いですが、色々なしくみがあるのです(^-^)





●無料メールセミナー
 ■『リピーター増!愛されサロンインテリア7つの秘訣』

●一覧
 ■自宅サロン「開業」までの流れ一覧
 ■季節・月別 肌トラブル・ケア
 ■美容用語 解説集 
 ■特集

サロン経験ある建築士が「愛されサロン」作ります
『自宅サロン開業・集客サポート』
アトリエKULA-おうちdeサロン- 
お申込み・お問合せインテリア・サポート出張エステスクール
無料メールセミナーお客様の声プロフィール


Copyright(c) 2012 アトリエKULA All Rights Reserved.