普通の人ができる「自宅サロン開業」通信講座

乾燥が、肌を「敏感」にしてしまう原因

肌は、皮脂膜(ひしまく) という肌の上にできる「油の膜」と「角質」が、バイ菌や紫外線などの外部刺激が入ってくるのを、シャットアウトしてくれています。

乾燥してくると、この「肌を守る機能」が落ちます。

角質のスキマから、バイ菌や紫外線がダイレクトに入ってくると肌の弱い方は、赤くなったり、ブツブツと湿疹が出てきやすくなります。

敏感肌エステスクール アトリエKULA

すると、かゆみが出てきて、かいたり触ったりして肌が傷つけられます。

それを繰り返していると、肌がどんどん弱くなり、「赤み」が増して熱をもったり、「かゆみ」が強くなったり、肌の色が「茶色く」なってきたりと敏感肌のお悩みが大きくなっていきます。

これをストップするには、肌を冷やして炎症を沈め、たっぷり水分補給をし、水分が肌から逃げないようにしっかり油の膜でフタをすることが必要です。

それには、冷たいローションパックが最適です。

つめたく冷やした化粧水でお風呂上りに、ローションパック をし、その上に冷たくしたタオルを置いて10分冷やします。

そのあと、乳液や、保湿クリームで油分を与え水分を肌の中に閉じ込めてください。夜にしっかりお手入れすることで、肌は美肌へと変わっていきますよ(^-^)





●無料メールセミナー
 ■『リピーター増!愛されサロンインテリア7つの秘訣』

●一覧
 ■自宅サロン「開業」までの流れ一覧
 ■季節・月別 肌トラブル・ケア
 ■美容用語 解説集 
 ■特集

サロン経験ある建築士が「愛されサロン」作ります
『自宅サロン開業・集客サポート』
アトリエKULA-おうちdeサロン- 
お申込み・お問合せインテリア・サポート出張エステスクール
無料メールセミナーお客様の声プロフィール


Copyright(c) 2012 アトリエKULA All Rights Reserved.