普通の人ができる「自宅サロン開業」通信講座

サロンリフォームが予算オーバーする理由

●サロンリフォームが予算オーバーする理由


消費税が上がるせいか、住宅の駆け込み購入が増えてるのかなぁ。

と、業界の風を感じる、今日この頃な、自宅サロンプランナー、幹よう子ですo(^-^)o

5%→8%なんで、3%増。住宅は、高額なんで、かなり違いますよね。


さてさて、話は変わって、サロン用にリフォームですが、いつも

『予算に余裕もって、してくださいね。』

と、お伝えしています。


逆に言うと、予算が先に決まっているなら、ギリギリいっぱいまで、工事費にしないって事です。


なんでかと言うと、リフォームは、

1.予期しない事がある

2.仕上げを、めくってみないと分からない事がある

3.追加工事したくなる

からです。


1.2.は、共通項があります。
リフォームは、まず、業者が、お客様のご要望を聞いて、見積もりを作成します。

そして、その内容、価格に納得がいけば、契約し、リフォーム開始となるわけです。が、

工事をし始めると、予期しない事が起こったりします。

例えば、
・床をめくったら、家を支える束が、白蟻に食べられてボロボロになってる

・壁をめくったら、断熱材が水分吸って、下に落ちてる

・図面であるものがない

という事があります。
こういう事も考え、業者は、床下など点検口がある場合は、きちんと見積もり前に確認します。

けれど、目視できない箇所、剥がしてみなければ、分からない場所にある事も、多いんです。

なので、その対処工事は、見積もりに含まれていませんので、追加工事として、別に費用がかかります。

もちろん、するかしないかは、依頼主の判断になります。

が、「しないと困る」というレベルでないと、業者も言わないので、「追加工事する」という判断にならざるを得ない。

ということですね。


3つ目の、「追加工事したくなる。」というのは、依頼主の気持ちの変化です。

「予算が、これくらいだから、ここまでにしておこう。」と決めますよね。

けど、実際、綺麗にリフォームすると、他の部分が、凄く汚く見えてしまうんです。

それが、嫌になって、追加でリフォームする方が、結構いらっしゃいます。

壁紙なども、最小限の面積にしすぎると、見切った所で新旧違いがですぎて、バランス悪くなったりします。

また、サロン部屋は綺麗にしたけど、外部アプローチが古く見えてしまう。という事もあり、エクステリアを別に頼む方もいます。


こういう事が起こるので、予算は余裕を持っておくのを、オススメしています。

あとは、焦らず、今できる範囲で行い、サロン完成形に近づいていくのを、楽しむのも、大事ですね。

箱ばかりにお金をかけて、いざ、サロンを開業する時に、運転資金がなく、余裕がないのも、辛いですから(^_^)

少しずつの、余裕が大事ですよー 。

★ブログ:カテゴリー 

●無料メールセミナー
 ■『リピーター増!愛されサロンインテリア7つの秘訣』

●一覧
 ■自宅サロン「開業」までの流れ一覧
 ■季節・月別 肌トラブル・ケア
 ■美容用語 解説集 
 ■特集

サロン経験ある建築士が「愛されサロン」作ります
『自宅サロン開業・集客サポート』
アトリエKULA-おうちdeサロン- 
お申込み・お問合せインテリア・サポート出張エステスクール
無料メールセミナーお客様の声プロフィール

Copyright(c) 2012 アトリエKULA All Rights Reserved.